顎関節症治療に掛かる期間を調べておく


顎関節症の治療にかかる期間は、人によって様々です。
歯を削って、歯の噛み合わせを調整すればすぐに完治してしまうケースから、マウスピースで長期間、寝ている間の歯ぎしりを防止しないといけないケースまで、本当に様々です。

短期で治ってしまう人もいれば、長期になってしまう人もいるため、個人差があります。
ただし、顎関節症治療を専門としている病院で、ちゃんとカウンセリングを受けて、しっかりと治療を行えば、通常は2、3ヶ月で完治できるケースも多いです。
長い人では、2、3年かかることもありますが、全ては顎関節症の原因や、歯や顎の状態が大きく影響しています。

歯が原因で顎関節症になっている場合は、虫歯や歯の高さの調整によって、比較的簡単に治る場合も多いですが、顎に問題を抱えている場合は、長期化することも多いです。
また、顎関節症で一番厄介なのが、ストレスが原因で起きている場合です。
顎関節症の治療は、やはり原因によって、治る期間も違ってきます。

This entry was posted in 顎関節症治療の注意点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります